読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日一生なり。

一日一日を大切に。28歳子持ちパート主婦がシンプルライフ、子育て、夫婦関係、ハンドメイドについて綴ります。

アニメはなかっぱが教えてくれた、毎日をポジティブに生きることの大切さ。ふわ吉にいちゃんを見習おう。

f:id:hinaranma:20170509152722j:plain

はなかっぱ。

お子さんのいる家庭の方は皆ご存知のはずのNHKのアニメです。

はなかっぱとは?

みどりいいっぱいのやまびこむらに、あたまはないているかっぱの家族かぞくんでいます。
おじいちゃんのあたまには、「はす」
おばあちゃんのあたまには、「かすみそう」
とうさんのあたまには、「ひまわり」
かあさんのあたまには、「たんぽぽ」
そして、はなかっぱには、「とりあえずのはな」がいています。
大人おとなになるまで、いろいろなはなかせるのです。
はなかっぱがかせるはななかでも、若返わかがえりのはなつたえられる
「わからん」をねらって、黒羽屋蝶兵衛一味くろはねやちょうべえいちみがやってきます。
いつも、やまびこむらはてんやわんやの大騒おおさわぎ!

さてさて、今日きょうはどんなはなくのでしょうか?
はたして、「わからん」はくのでしょうか?

そして、はなかっぱは、どんなはなを“自分じぶんはな”にめるのでしょう。

 

テレビアニメ「はなかっぱ」---はなかっぱとは?より

 

我が家も、娘が産まれてから観るようになり、今では、毎朝朝食を食べながら観るのが日課となっています。

そんな、はなかっぱですが、なかなか深い話、良い話が多いんです。

今日は、そんな中でも、【おおっ!!見習いたい!!】と思った回があったので紹介したいと思います。

タイトル【 ふわ吉といっしょに】ストーリー

今回主に登場するのは、主人公のはなかっぱ

http://www.hanakappa.jp/img/c_hanakappa.jpghttp://www.hanakappa.jp/index.html

近くに住む、同じくはなかっぱ族のふわ吉おにいさん

ふわ吉http://www.hanakappa.jp/index.html

では、会話形式で物語を紹介したいと思います。

※はなかっぱ⇒は ふわ吉⇒ふ です。

 

ある日のこと。道端で何かを悩むふわ吉。そこへはなかっぱがやってくる。

(は)にいちゃん、何悩んでるの?

(ふ)今お遣いを済ませたんだけど・・・このまま買い物にでも行くかそれとも家に帰ってのんびりするかどっちがいいか悩んじゃって。

(は)大人なのに相変わらずズバっと決められないんだね~だから【とりあえずの花】のままなんだよ~

(ふ)だって買い物に行くのも楽しいし、家で過ごすのも楽しいじゃない♪

(は)それなら一緒に商店街へ行こうよ。ボク本屋さんへ行くとこなんだ。

(ふ)ああ それはいいね。

 

本屋への道中。

(ふ)いい天気♪こんな日に家にいるなんてもったいないね。出掛けて正解だったよ。

 

そこで雷の音がし、雨が降ってくる。木の下へ逃げ込むふたり。

(は)あ~~あ ついてないやもう・・・。

と、ふと隣をみると・・・

 耳を済まして嬉しそうにするふわ吉

(ふ)雨の音って面白いな~~。音楽みたいに聞こえるね。

 と、キラキラ光る雨の音楽の妄想をするふわ吉。とっても楽しそう。

 

雨が止んだので行こうとすると、ふわ吉が空を見上げる。

(ふ)虹だ!美しい。(にこにこ)(とっても幸せそう。)

 

近道のため、森の険しい道を歩くふたり。ここで躓いて小さな坂道を転がり落ちてしまう。 

(ふ)(転んだ先に咲く花を見つけて)わあ!!見て。こんな花が。可愛い花だな。

転ばなきゃ見つけられなかったよ。 (と言って同じ花を咲かせる。とっても嬉しそう)

 

商店街に着くふたり。困った顔をした女の子がいる。

(ふ)どうかしたの?

(女の子)あのね、お父さんの誕生日にマーガレットをプレゼントしようと思ったの。けど売り切れだったの。お父さんの一番好きなお花なのに・・・・(´;ω;`)

(は)僕に任せてよ!!

と言って花咲けパッカーーンをするが、何度やっても違う花が咲く。

 そこでふわ吉がマーガレットを咲かせる。

はなかっぱが咲かせたたくさんの花と合わせて花束を作り女の子に渡すふわ吉。

(女の子)うわ~すごい花束!!!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°お兄ちゃんたち、ありがとう!!

 と女の子帰っていく。

(は)あ~あ ボクっていつも肝心なときに思った花が咲かせられないな~。

(ふ)でも 君がいろんな花を咲かせたから すごく豪華な花束が出来たよ。

(は)そっか。そうだね。(#^.^#)

 

その後、本屋に行くと【臨時休業】だった。がっかりするはなかっぱ。

 

帰り道。

(は)今日はパッとしない1日だったな~。

(ふ)今日はすごく楽しい1日だったね!

(は)え!?

(ふ)だって、素敵な雨の音が聴けたし、虹や可愛い花も見たし、それに、あの女の子の役にも立てたし。はなかっぱ君が誘ってくれたおかげだよ。

(は)ふわ吉にいちゃん・・・(*'ω'*) 今日は楽しかったね!!!

と言って帰るふたり。

~~~おしまい~~~

 

学ぶべきことがたくさんあった!!

どうでしたか?

↑のストーリーで、私が、いいね!と思ったふわ吉くんの言動は、太字にしています。

以下、挙げてみると・・・

 

  • 買い物に行くのも楽しいし、家で過ごすのも楽しいじゃない♪

→この思考が好きです♪優柔不断キャラですが、ポジティブで前向きな優柔不断!

 

  • いい天気♪こんな日に家にいるなんてもったいないね。出掛けて正解だったよ。

→そうですね♪天気のいい日を思いっきり楽しんでいるところが好き!

 

  • 耳を済ませて、「雨の音って面白いな~~。音楽みたいに聞こえるね。」と、キラキラ光る雨の音楽の妄想をするふわ吉。とっても楽しそう。

→突然の雨に「ついてない」と嘆くはなかっぱに対し(大概の人はこう思いますよね。)音楽みたいで面白い、ととっても嬉しそうに雨を楽しむこの思考が素晴らしすぎます!!出来事のプラスの面を見ていますね♪

 

  • 虹だ!美しい。(にこにこ)(とっても幸せそう。)

→空を見上げて虹を即座に見つけるところが素敵すぎる!下じゃなく、毎日上を向いているから見つけられたんですね♪

 

  • (道に咲く花を)転ばなきゃ見つけられなかったよ。(とっても嬉しそう)

→坂を転がり落ちて擦りむいてしまったのに、すぐに可愛いお花を見つけるところ♪先ほどの虹とは逆ですが、下を向いていても「幸せ」を見つけるこの神がかったところ!

普通は「痛~い最悪!」で終わるのに、「転んだからこの花を見つけた」と言い切るこの思考!もはや仙人ですね。

 

  • でも、君がいろんな花を咲かせたから、すごく豪華な花束が出来たよ。

→落ち込むはなかっぱに対してかけるこの言葉。最高に気の利く励ましの言葉ですよね♪はなかっぱもこの言葉で一気に元気になります。

これもプラス思考・ポジティブ思考の成せる技なんですね♪

 

 

  • 今日はすごく楽しい1日だったね!
  • 素敵な雨の音が聴けたし、虹や可愛い花も見たし、それに、あの女の子の役にも立てたし。はなかっぱ君が誘ってくれたおかげだよ。

→目的の本屋もお休みで、「ついてない一日」と嘆くはなかっぱに対し、この言葉。

普通に思い返すと散々な一日だったと凡人は思うのに対し、ふわ吉くんは、物事の良い面だけを思い出して、「楽しい一日だった」と言っています。素敵すぎる♪

 

 捉え方、物の見方を変えるだけで、毎日が楽しくなる!!

たった4分の子供向けアニメですが、わたしはこの物語で多くのことに気づかされ、学びました!読書感想文(読書じゃないけど)書けますね!

 

要は、ふわ吉くんのように、物事のプラスの面を捉えるだけで、毎日が本当に楽しく幸せになる!ということですよね♪

最近、「引き寄せ」に興味を持っている私ですが、このふわ吉くんの思考は、まさに引き寄せのお手本だと思いました♪

毎日いい気分でどんなこともプラスに捉えられる人が、引き寄せていくんでしょう♪

 

私も、ふわ吉くんを見習って、毎日を超ポジティブに生きたいと思ったのでした!!

f:id:hinaranma:20170509152722j:plain